VC-net - Visual Communication Networks  VC-net - Visual Communication Networks

ej電話 オフィスタイプ

「ej電話 オフィスタイプ」は、ejひかり(インターネット接続サービス)を利用した法人向け光IP電話サービスです。
ej電話 オフィスタイプのご利用には、別途ejひかり(インターネット接続サービス)のご契約が必要です。
ejひかり ファミリーギガ1 / ハイスピードファミリー / ファミリー / マンションギガ1 / ハイスピードマンション / マンション の詳細はejひかりのページをご参照ください。
  1. ej電話 オフィスタイプ
  2. 利用料金
  3. 基本サービス・付加サービス

サービス内容

標準で3回線、1番号~32番号まで対応する、中小企業・事業所向けの光IP電話サービスです。
ejひかりを利用したおトクな法人向け光IP電話サービス 「ej電話 オフィスタイプ」で通信コストを削減!

県内に通話が多いお客様の場合

※上記価格は全て税抜価格です。

※上記料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料3円(税抜)/月がかかります。(2017年7月現在)

※ご利用には、本サービスに対応した通信機器が必要です。

point1

通話料がおトク!

加入電話、INSネット、ej電話、ej電話オフィスタイプ、ej電話 オフィスエースタイプ、およびNTT東日本(NTT西日本)が提供するひかり電話、法人向けひかり電話※への通話料は全国一律3分 8円

※「法人向けひかり電話」とは、「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ビジネスタイプ」「ひかり電話ナンバーゲート」の総称です。

※携帯電話への通話などについては通話料が異なります。通話料についてはこちら

point2

事業者間の無料通話による通話コスト削減

月額利用料 定額400円/チャネル

point3

最大8チャネル32番号まで利用可能

複数チャネルは、1チャネル400円、電話番号の追加は1番号100円。 お客さまの通信環境などにあわせ、最大8チャネル32番号までご利用いただけます。

利用料金

初期費用・月額利用料・通話料はこちら

基本サービス

テレビ電話

滑らかな映像品質で、自然な会話ができる!

広帯域のテレビ電話がご利用いただけます。
テレビ電話端末を利用して、ej電話、NTT東日本(NTT西日本)が提供するひかり電話契約者とのテレビ電話がご利用いただける機能です。

高音質電話

クリアな音で聞き取りやすい、高音質電話!

高音質電話は、ej電話およびNTT東日本(NTT西日本)が提供する「ひかり電話」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ナンバーゲート」契約者同士なら、広帯域(7KHzまで)を利用した高音質の音声通話ができる機能です。

データ接続サービス

高画質で安価なFAX通信、セキュリティーの高いファイル共有ができる!

データ接続サービスに対応した機器を利用して、ej電話およびNTT東日本(NTT西日本)が提供する「ひかり電話」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ナンバーゲート」契約者と帯域確保型のデータ通信が可能となる機能です。

付加サービス

グループ通話定額

「グループ通話定額」で、事業所間の音声通話料が定額に

ダブルチャネル

基本サービス(3チャネル)に最大5チャネルの追加契約が可能で、最大8チャネルまでご利用可能です。

マイナンバー

基本サービス(1番号)に最大31番号の追加契約が可能で、最大32番号までご利用いただけます。電話機ごとに番号を設定したり、FAXの専用電話番号として利用することができます。

着信番号表示

「着信番号表示」は、かけてきた相手の電話番号が、電話に出る前に電話機などのディスプレイに表示されるサービスです。

※ 着信番号表示をご利用の場合、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。

番号リクエスト

「番号リクエスト」は、電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に、「電話番号を通知してかけ直すよう」自動音声で伝えるサービスです。

自動転送

「自動転送」は、かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に転送するサービスです。呼び出し音を鳴らさずに直接転送させたり、お話し中の時だけや大切な電話番号からかかってきた時にだけ転送させたりすることも可能です。

迷惑電話拒否

「迷惑電話拒否」は、迷惑電話を受けた直後に、電話機で登録操作を行うことにより、以降同じ電話番号からかかってきた場合には、「この電話はお受けできません。ご了承ください。」と自動的にメッセージで応答するサービスです(拒否登録個数は、1リスト当り最大30個まで)。

※ご利用電話番号単位で着信拒否ができます。

※電話をかけてきた相手側が、フリーダイヤル番号「0120」など、契約の電話番号とは異なる番号を通知している場合は、着信拒否できないことがあります。

着信通知メール

電話着信があったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールで確認することができるサービスです。

FAX通知メール

「FAX通知メール」は、自宅や会社にFAXがあったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールへお知らせし、パソコンからFAX内容を確認することができるサービスです。

許可番号リスト機能(コールセレクト) 

特定の電話番号、メディア種別(音声/映像/データ)からの通信を許可するサービスです。許可番号リストへの登録によりアクセス可能な相手を制限することで、悪意のあるアクセスや間違いによるアクセスを排除でき、より安全性の高い通信を行うことができます。

発信側無料電話機能・ej電話ワイド

「発信側無料電話機能・ej電話ワイド」は、「0800」または「0120」で始まる電話番号にかかってきた通話料を、着信側でご負担いただけるサービスです。

特定番号通知機能

ej電話をご契約の回線から電話をかける場合、着信先のお客さまに対して、ej電話番号(03等から始まる番号)ではなく、「0120」、「0800」、「0570」で始まる番号を通知するサービスです。

#ダイヤル(ひかり電話#ダイヤル)

「ej電話」、「ej電話 オフィスタイプ」、「ej電話 オフィスエースタイプ」(いずれも電話サービス)から、#と4桁の数字からなる番号をダイヤルするだけで、ひかり電話#ダイヤル契約者が指定する電話へ接続することができるサービスです。

必要な機器

「ひかり電話オフィス(電話サービス)」のご利用には、対応のビジネスフォン、または対応のアダプター(お買い上げ、またはレンタル)の設置が必要です。

対応ビジネスフォンを利用する場合

対応ビジネスフォンを利用する場合

ej電話 オフィスタイプ対応アダプタを使用した例

ej電話 オフィスエースタイプ対応アダプタを使用した例

※ejひかり ファミリーギガ1、マンションギガ1を「1ギガ対応無線LANルータ+無線カード」とセットでご利用の場合、上記の図とは機器構成が異なります(ホームゲートウェイ内部の回線終端装置とej電話オフィスタイプ対応アダプタを接続します。

対応アダプター

対応アダプターを設置することで、既存のビジネスフォンで「ej電話 オフィスタイプ」を利用可能になります。
現在ご利用のビジネスフォン等をそのまま利用するから、リーズナブルにej電話 オフィスタイプが導入可能です。
しかも、「アナログ/ISDN」それぞれのインターフェイスに対応しています。

※接続される通信機器によっては、正常に動作しないことがあります。詳細は、弊社カスタマーサポートにお問い合わせください。

機種名 接続機器 収容可能チャネル数
OG410Xa(アナログポート×4) アナログ対応ビジネスフォンをご利用の場合 最大4チャネル
OG810Xa(アナログポート×8) 最大8チャネル
OG410Xi(BRIポート×2) BRI(INSネット64)対応ビジネスフォンをご利用の場合 最大4チャネル
OG810Xi(BRIポート×1) 最大8チャネル
VG2330X(PRIポート×1) PRI(INSネット1500)対応ビジネスフォンをご利用の場合 最大23チャネル
OG2300Xi(PRIポート×1) 最大23チャネル

・複数機器対応アダプターとしてご利用いただくことで、最大32チャネルまでご利用可能です。

・全ての対応機種で最大32番号までのご利用が可能です。

ご注意事項

提供条件について

・「ejひかり ファミリーギガ1 / ハイスピードファミリー / ファミリー / マンションギガ1 / ハイスピードマンション / マンション」(インターネット接続サービス)ご契約のお客さまがご利用いただけます(契約料、工事費、月額利用料がかかります)。なお、ejひかりスリムではご利用いただけません。

・ご利用には、本サービスに対応した通信機器が必要です。

・114(お話し中調べ)など、一部かけられない番号があります。

・停電時は緊急通報を含めて通話ができません(無停電電源装置(UPS)などをご利用いただくことで、一定時間、通話が可能となる場合があります)。

現在お使いの電話番号を継続して利用する場合について

・一般加入電話などをご利用いただいているお客さまが、本サービスを同一設置場所でご利用いただく場合、現在ご利用中の電話番号をそのまま利用することを番号ポータビリティーといいます。

※番号ポータビリティーのご利用には、別途1番号毎に 同番移行工事費2,000円(税抜)がかかります。

・番号ポータビリティーのご利用には、加入電話などを利用休止※または契約解除をしていただく必要があります。

※加入電話などの利用休止の際、別途利用休止工事費がかかります。

・番号ポータビリティーを利用している場合で、設置場所を変更(引越しなど)する際は、NTT東日本(NTT西日本)の加入電話などにおいて同一番号で移行可能なエリア内に限り、移転先で同じ番号をご利用いただくことが可能です。

ご利用上の注意事項

本サービスでは、一部接続できない番号があります。詳しくは、「接続可否番号一覧」でご確認ください。

(1). 本サービスから電気通信事業者を指定した発信(番号の頭に「00XX」を付加)などはできません。
一部電話機・FAXなどに搭載されている「一般加入電話から携帯電話への通話サービスに対応した機能(例:携帯通話設定機能(0036自動ダイヤル機能))」や、NTT製以外の一部電話機・FAXなどに搭載されている「ACR(スーパーACRなど)機能」が動作中の場合、通信事業者選択機能が働き、本サービスからの発信ができなくなる場合があります。ej電話 オフィスエースタイプ(電話サービス)をご利用になる前に、上記機能の停止や提供会社さまへの解約手続きを行ってください。

(2). 114(お話中調べ)など、一部の「1XX」の番号への発信はできません。

(3). 0180(テレゴング)など、一部の「0XX0」の番号への発信はできません。

(4). 「フリーアクセス」や「フリーダイヤル」などのご契約者の契約内容によっては接続できない場合があります。

緊急通報などについて

・緊急通報番号(110/119/118)へダイヤルした場合、発信者番号通知の通常通知・非通知にかかわらずご契約者の住所・氏名・電話番号 を接続相手先(警察/消防/海上保安)に通知します(一部の消防を除く)。
なお、「184」をつけてダイヤルした場合には通知されませんが、緊急機関側が、人の生命などに差し迫った危険があると判断した場合 には、同機関が発信者の住所・氏名・電話番号を取得する場合があります。

・災害時に優先的に通信を確保する仕組みはありません。

・停電時は緊急通報を含む通話ができません。無停電電源装置(UPS)などをご利用いただくことで、一定時間、通話が可能となる場合があります。

・火災通報装置や非常通報装置、その他高齢者向け等の緊急通報装置を接続する電話回線として、ej電話をご利用いただけない場合があります。くわしくは通報装置の製造会社にお問い合わせください。

非常ボタンを押すことにより、119番や110番、その他あらかじめ登録した通報先に自動的に通報もしくは電話をかける装置のことです。
ej電話でご利用可能な場合には、回線終端装置(ONU)、ej電話対応機器への停電対策として無停電電源装置(UPS)をご利用ください。

ご利用できないサービスがあります

・加入電話などの利用休止または契約解除に伴い、休止対象の電話番号でご利用中のNTT東日本(NTT西日本)にて提供するサービス(割引サービスなど)は解約となります。

・本サービスは、マイライン対象外です。したがって加入電話などから現在お使いの電話番号を継続して本サービスでご利用される場合、マイライン契約は解除されます。

・NTT東日本(NTT西日本)以外の電話サービス(定額料金の発生する割引サービスなど)にご加入の場合、必要に応じてお客さまご自身でご利用のサービス事業者さまへ利用終了の連絡を行ってください。利用の如何にかかわらず、料金が発生する場合がありますのでご注意ください。

・「発信側無料電話機能・ej電話ワイド」は、NTT東日本(NTT西日本)が加入電話などで提供している「フリーアクセス」と一部機能が異なります。

端末について

・本サービスは、本サービスに対応したビジネスフォンでご利用いただけます。また、「ej電話 オフィスエースタイプ対応アダプター」ご利用の場合は、ビジネスフォンの接続を推奨します。

・ej電話 オフィスエースタイプ対応アダプター(ISDN用)にISDN専用機器を接続する場合、次の制約事項があります。

≫U点接続はできません。

≫局給電が必要な機器は利用できません。

≫1ポートに2台以上の接続はできません。

≫23チャネル対応アダプターはPBX/ビジネスフォンのINS1500ユニットと接続可能ですが、24チャネルの利用はできません。

・ej電話 オフィスエースタイプ対応アダプターにてご利用になる場合、接続される通信機器によっては、正常に動作しないことがあります。

・FAXはG3モードのみご利用いただけます。

※G4モードなどのデジタル通信モードではご利用いただけません。

※スーパーG3モードの場合、通信環境によりご利用いただけない場合があります。

※G3モードでご利用であっても、通信相手がISDN回線をご利用の場合、通信相手側のターミナルアダプターなどの設定によっては、ej電話 オフィスエースタイプからのFAX送信ができない場合があります。

・モデム通信については、お客さまの宅内環境、通信機器、回線状況の影響を受けることがあります。

・加入電話などでご利用のレンタル電話機の継続利用はできません。「116」などへ解約手続きを行ってください。

ご契約の事業者さまへ連絡を要するサービスについて

ガス漏れなどの自動通報・遠隔検針など、ノーリンギングサービスをご利用の場合
ご契約の事業者さま(ガス会社など)により、その扱いが異なります。お客さまご自身で必ずご契約の事業者さまへej電話 オフィスエースタイプへ変更する旨の連絡を行ってください。ej電話 オフィスエースタイプでは着信番号表示を基本サービスとして標準提供しているため、ノーリンギングサービスと同等のサービスをご利用可能な場合もございますので、ご契約の事業者さまへご相談ください。
NTT東日本(NTT西日本)が提供する「ナンバー・ディスプレイ」同等のサービスです。

セキュリティーサービスをご利用の場合
ご契約の事業者さま(警備会社など)により、その扱いが異なります。お客さまご自身で、必ずご契約の事業者さまへ、ej電話 オフィスエースタイプに変更する旨の連絡を行ってください。

着信課金サービスをご利用の場合
着信課金サービス提供事業者さまにおいて、ej電話 オフィスエースタイプは契約可能な回線として指定されていない場合があります。お客さまご自身で、必ずご契約の事業者さまへ、ej電話 オフィスエースタイプに変更する旨の連絡を行ってください(各事業者さまとの解約手続きなどが必要となる場合があります)。

料金に関して

・本サービスの月額利用料金は、基本料金(基本料、付加機能使用料など)と通話料の合計となります。

・ダイヤル通話明細について、紙または媒体による提供はできません。「@ビリング」サービスを利用したWebによる照会は可能です。また、本サービスにおいては、加入電話などと異なり「@ビリング」サービスのご利用による割引はございません。

県間通話、国際電話について

本サービスのご利用にあたっては、県間通話に関しては株式会社エヌ・ティ・ティエムイーまたはエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のサービスをご利用いただく場合があります。 国際通話に関してはエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のサービスをご利用いただきます。

電話帳の掲載などについて

・電話帳へはご希望の名称で掲載できますが、ご契約者の氏名、名称など、通常お使いになっているものに限らせていただきます。

・1つの電話番号につき、1掲載が無料となります。
1つの電話番号につき、2つ以上の掲載をご希望の場合は、重複掲載料が必要となります。
重複掲載料は、電話帳発行のつど追加分1掲載ごとに500円(税抜)です。 電話帳発行のつど同様のお取扱いとさせていただきますので、重複掲載がご不要となる場合はお申し付けください。

・お客さまのご希望により掲載しないこともできます。

保守について

・故障修理などの対応時間は9:00~17:00となります。
※故障受付は、24時間365日対応しております。(17:00~翌日9:00までは、録音にて受付)

その他の留意事項

・ej電話では、発信先(相手側)が応答しない場合、約3分後に自動的に接続が切断されます。このため、発信先がフリーダイヤルなどで、混雑により「しばらくお待ちください」などのガイダンスが流れ、待ち合わせの状態であっても、発信から約3分後に自動的に接続が切断されます。

・ej電話 オフィスエースタイプにて新規にご利用となる電話番号(加入電話などからの番号ポータビリティーでない電話番号)は、ej電話 オフィスエースタイプ解約時に、ej電話以外の電話サービスに番号ポータビリティーして継続利用することはできません。

・NTT東日本(NTT西日本)が提供するひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)専用番号帯※1から同番移行された番号に対する着信が、NTT東日本とNTT西日本間の通信の場合、「テレビ電話」「高品質電話」「データ接続サービス」を利用した接続に一部制限があります。詳しくは弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。

※1 ひかり電話ビジネスタイプ専用番号帯については以下のURLにてご確認ください。
NTT東日本エリアの番号:http://www.ntt-west.co.jp/tariff/html/wb11s008.html
NTT西日本エリアの番号:http://www.ntt-east.co.jp/tariff/appendix/eb13s008.html

グループ通話定額のご利用条件

・事前にグループ登録のお申し込みが必要です。グループ登録可能な回線は、NTT東日本営業エリア内の同一契約者名義の「ej電話 オフィスエースタイプ」「ej電話 オフィスタイプ」「ej電話 基本タイプ」です。なお、グループ内の「ej電話 オフィスタイプ」および「ej電話 基本タイプ」は別途、グループ通話定額のお申し込みが必要です。

※グループ通話定額のご利用には定額料(月額400円(税抜)/1チャネル)がかかります。また、グループを構成するためには、「ej電話 オフィスエースタイプ」または「ej電話 オフィスタイプ」のご契約が1回線以上必要です。
グループを構成する全ての「ej電話 オフィスタイプ」「ej電話 基本タイプ」に「グループ通話定額」の契約が必要です。(全チャネル数分の定額料がかかります)

・ej電話A エースタイプではご利用いただけません。

・通話明細記録区分は「希望(全桁記録)」であることが必要です。

・グループ通話定額の契約がない回線との通話は通常の国内通話料が適用されます。